裏技撮影法

スミレナガハナダイのオスはサロンパスが張ってあるみたいという紹介方法がポピュラーで私達はよくガイドさせてもらうのですが、あまり見かけない幼魚のコロニーを以前見つけていたのでじっくり撮ってきました!

意外に幼魚は幼魚で固まっているし、数少なく、すばしっこいオスを追いかけるよりぜんぜん良いっ!もっと小さい個体がいるはずの春先にまた行ってみよう!と思いましたが、だいたいそういう事はわすれてしまうタイプのボクです。。。

スミレナガハナダイ

瞳をグリーンに輝かせるテクニック

今日は題して【魚撮のススメ】なのですが、あるテクニックを使うと、なんと魚の瞳がグリーンサファイヤ顔負けの輝きを放つ技の紹介です!むふふふ。特別な道具も必要なく誰でも簡単にできる技なので必見です!!

瞳をグリーンに輝かせる方法

カメラ設定

  • フラッシュON
  • シャッタースピード1/200以上(ブレ防止のため)
  • 絞りはお任せ(絞っても開いてもどちらでもOK)
  • ISO感度は200あれば大丈夫

この設定で被写体に向かえばもう簡単!被写体の上からカメラを構えて見下ろし感じでカメラをやや下向きにして撮るだけです。最初の写真は逆に被写体の下からややあおり気味でカメラを上向きに撮ってるのであまり輝いていない黒目ですが、これだけで劇的に変わります。理由はスミレナガハナダイの目に光が反射する方向から撮る!という事だけでした。

宮古島スミレナガハナダイ雄

ちなみにある程度近い距離で魚を撮影する場合は上記のカメラ設定で臨めばあとはピント合わせと構図を考えるだけで大抵の魚は綺麗に撮れるのでオススメです。ISO感度は背景をぼかしたい場合はF値をできるだけ低く設定、背景をぼかしたくない場合はF値をできるだけ上げてくださいね。写真撮影は設定がまず第一です!

ふふふ。

撮りたくなってきたでしょ~?潜りたくなってきたでしょ~?輝く瞳はハナダイの仲間やゴンベの仲間に多いようです。ちなみにどちらもそこらじゅうにいますのでチャレンジしてみたい方はリクエストしてください!

今日の海

ということで今日の海はと言いますと、ウネリもすこしずつ収まる方向に進んでいます!なんといっても朝からグングン透明度が上がり続けて帰りのボートから見る海はざっと視界40m級の青さが水面からでもわかるくらいでした。明日は夕方ダイブなので同じ流れでいけば透明度MAX間違いなし!!明日はワイドな写真をご期待ください!^

ではまた明日!

★アントニオガウディ  ★魔王の宮殿  ★中の島チャネル
・気温31℃  ・水温29℃

 


Recommended Posts