出航前の風景

沖縄地方の梅雨明け宣言が先日の22日に気象庁から発表されました。本州〜九州にお住いの皆さん、梅雨前線を引き取ってくださりありがとうございます。

梅雨明け直前くらいから毎日晴れが続いている宮古島。ゲストさまの表情も快晴!

見る景色どこもかしこもキラキラだけど、ゲストさまの表情と海が一番キラキラしてます。海も心地よい水温28℃で透明度は25〜30m!やばい。楽しすぎる。何気にスタッフの表情もかなりキラキラしていますBIGHOLIDAYです。

ブログ更新はずいぶんご無沙汰になってしまいましたが、毎日潜りまくっています。トッティです。今日はトッティ’s 地形セレクションBEST3圏内にランクインしているあのダイビングポイントの紹介です。

HPのトップ画像|あのポイントはどこですか?

TOP画像

『あのポイントはどこですか?』と度々質問を受けるこの超絶景ポイントは【白鳥ホール】と言うポイントで伊良部島方面にあります。

しかしこの白鳥ホールは波やうねりの影響を受けやすい場所にある事と、影響を受けやすい地形なのでコンディションが合わなければレーザービームはおろか、揺れやすい洞窟内では一箇所に留まる事も難しくなります。もちろん晴れている事が大前提!

限られた時期と状況でしかトライできないスーパーポイントなのです。

限られた時期と状況がまさに今!白鳥ホールが旬の時期です

宮古島ダイビングポイント

梅雨が明けてカーチバイ(梅雨明け直後の強烈な季節風)も落ち着きました。白鳥ホール、本日解禁です。エキジットしてきて開口一番『めっちゃ綺麗だった!!』の連発で、こちらまで嬉しくなってしまいます。ニヤリ

一目見れば虜になる本物の地形、そして絶景

初めて白鳥ホールに潜った時の衝撃は今でも忘れられません。浅い場所にある小さな入り口を入って少し進むといきなり見えてくる光の束に『マジか。こんなん現実にあるのか。』とただただ光の束を直視したあの時の事を思い出しながら、少しもったいぶったブリーフィングを展開しています。

言葉じゃ伝えきれないし、やっぱり実際に見てもらって度肝を抜かれてもらうのが一番。今日潜ったゲストさまに後から『ああいうのは動画もいいんですよ〜』とお伝えしたら『潜る前に言ってよ!』と言われたので肝に命じた夏晴れの午後。

この光がゆらゆら揺れるシーンは写真では表現できないので動画がオススメです!と、次から言おう。

他にもこの光を綺麗に撮る裏技がいくつか存在します。それは当日のお楽しみという事で、是非遊びに来てくださいねという宣伝でした笑

一人でも多くの人にこの景色を見てもらう事が今夏はテーマ

正直こんなにすごい景色はそうそう見れるもんじゃないし、夏の間に毎日白鳥ホールに行けるワケでもない。前記したように天気と海況の条件が揃わなければもちろんこのポイント自体避ける事になる。

他にも良いポイントはたくさんあるけれど、やっぱりゲストのエキジット直後の”顔の明るさ”が白鳥ホールは群を抜いている。

連日の予約をいただいているゲストさまは極力滞在中ポイントが被らないよう選んでいます。が、このポイントに関しては”被る”かもしれません。しかし敢えてそれを選択すると思います。なぜなら、たとえ2回目でも感動してもらえるクオリティだという確信があるから。

そしてやっぱり一人でも多くの”あなた”にその目で確かめてもらいたいな。

 


Recommended Posts