ネイチャーシーンって言葉はご存知でしょうか

山登りも海潜りもあるがままの自然の中に入り込む。
日常生活ではおよそ目にすることができないシーンがそこらへんに普通にあります。小さな生物でも人間と同じような生き様を垣間見れる事もあります。そんな小さくて大きな物語を覗いてみましょう!

それは自然の営み

ダイビングで指すネイチャーシーンっていうのは交接産卵、捕食、喧嘩、ディスプレイなど、つまり『生きる』ために生物がおこなう行動のことです。

いや~、今日はちょいちょい出る真面目な日!夜も更けて現在23:56!軽くナチュラルハイなトッティです。

常日頃そういうシーンが目に入るようアンテナを張り、見つけてはゲストさまに貴重な瞬間として紹介させてもらうこと、そして生の尊さを一緒に実感させてもらえたときにはネイチャーガイドとしてものすごくやりがいを感じる瞬間なのです!

白化現象、聞いたことありますか?

IMG_6188

写真のハマクマノミの幼魚は1cmくらいで可愛いサイズですが、見てもらいたいのはイソギンチャクの体色!

この透き通った白色は白化現象というやつで、そう!サンゴの白化現象と同じ!というかイソギンチャクって分類的にはサンゴなのです。

原因はさまざまですが、この時期で白化現象というと夏場の高水温で核の褐虫藻がイソギンチャクから逃げ出したパターン!つまりこのイソギンチャク、光合成、呼吸が出来ず瀕死状態なのです。とはいえ、イソギンチャクは水温が低下した後再度褐虫藻を取り込めれば復活することもあり、まだまだ定期観測が必要です。

生きるか死ぬか

生きるも死ぬも自然の摂理。残酷な未来が待ち受けてるかもしれませんがそういう事も含めて『生』。

普段のガイドももちろんですが、この白化イソギンチャクとハマクマノミの幼魚の成長記録を2013年、BIGHOLIDAYブログを通して皆さんにお伝えしてゆくことがボクらの使命だと今日決めました!というか今決めました!!!

いつもご覧になってくれている方、たまたまご覧になった方、これから先、ご覧になるであろう方々へ。

いつかこのイソギンチャクが元の体色を取り戻し、ハマクマノミのチビが成長してゆく過程を一緒に応援してみませんか?そしてこれから来島される予定の方は是非ゼヒぜひリクエストしてください。たとえどんな結果が待ち受けていようとも、きっとボクらは彼らの生き様から何かを得られるはずです。

IMG_6305

いや~、ワクワクするプロジェクトだな!!これこそまさにネイチャーシーンのリアルタイム発信だ!あ、日付も変わって現在0:42。という事でそろそろ寝ます。ハマクマノミとイソギンチャクの物語vol.1|ネイチャーシーンはこれにて閉幕したいと思います!

ミラクルホリデイ!ビッグホリデイ!
ではまた明日!

 

★333
★中の島チャネル
★マリンレイク

・気温28℃ ・水温26℃

 


Recommended Posts