徹底的にキレイにしてもらった我がショップの庭について。いや、テラスに出現する蚊について。風遠しが悪いのと雑草が原因だと推測していたので原因を排除したとたん、NO蚊になると思いこんでたんです。がっ!!!

まだ出ます。ぷ~ん。テラス(ウッドデッキ)の下に溜まってる落ち葉のジメジメが原因なのか。もうあそこしかない。次の台風が来たタイミングで潜るしかない。同じ潜るでもこんなに嫌な一本はない。ストレスフルな一本が憂鬱でたまらない店主トッティです。前振りが長すぎて読む気無くすのやめてください。

写真はイメージが大事だと切実に思う件

なにするにもイメージは大切で、そのイメージをどこまでリアルに持てるかで結果って変わってきますよね?昔、島田紳助が進学校のTVCMで言ってました。

強烈にイメージする事でいつかそれは現実になるんや

IMG_7628

この言葉には当時感銘を受けたものです。というか未だに。受験だけではなく生きていく上で大事なものなのかもしれないですね。たぶん水中写真も例外ではなく、結果が変わって来ると思います。

撮るために水中写真をイメージする方法

ボクら職業ダイバーは毎日潜っているからイメージが湧きやすいのは当然ですが、みなさんに置き換えると、ボクらと同じ経験とイメージを陸上で得ることはすごく難しいです。そらそうだ。ただイメージを作るということに限って言えば、事前にできる準備はあります。こっそり教えてちゃいます。ボクもやってます。それは、

出来るだけたくさん好きな水中写真を日々見ること

  • 例えば、好きな水中写真家を見つけてHPやブログを見る。写真集を買う。
  • 例えば、写真が好きなお気に入りのダイビングショップのブログを見る。
  • 例えば、水中写真が上手なダイバーをFacebookで見つけてお邪魔する。
  • 例えば、ダイビングポータルサイトに上がっている写真を見る。

ボクはこの作業は毎日怠りませんし、水中写真バカなので、むしろ自然と好きで見てます。毎日潜ってるのに家に帰って来てまだ見ます。バカですね。ははっ!笑しかしその積み重ねを続けているといざと言う時、神が降りて来たように自然と『これ撮れたら格好いいじゃん!』っていう感じでイメージが勝手に湧いてくる。のです。

たまたま良い写真が撮れる|その先に行こう!

IMG_7630

たまたま撮れた良い写真ではなく、イメージ通り、狙って撮る。【出来るだけたくさんの良い水中写真を日々見ること】きっとますます写真が好きになるし、ますますダイビングが好きになる。潜りに行きたくなる。ぜひイメージを頭いっぱい胸いっぱい膨らませてダイビングと水中写真LIFEを楽しんでください。そして一緒に撮りに行きましょ!

今日もナイスホリデイでした。
ではまた明日!

 


Recommended Posts