手つかずの海に潜りに行こう!

IMG_8025

GWもアッという間に過ぎ去り、ちょうど一息つけそうなタイミングで昨日から1泊2日で宮古島のさらに離島、【多良間島】に潜りに行ってきました!

前から計画はあったのですがタイミングがなかなか合わず延期というパターンを繰り返してきましたが、宮古島も6月後半からハイシーズンに入りますのでよっしゃ!遊びにいこうー!!という事で急遽決まった多良間島旅行に島内観光専門の嫁とダイビング旅行に行ってきた訳です。

なんと言っても1泊2日で2DIVE×2DIVEというお得感!帰りはフェリーなのでこのスケジュールが成り立つのです!イェーイ

多良間島ツアー2013|陸上編
多良間島ツアー2013|噂のタイガーシャーク

ダイビングにおける多良間島らしさって?

IMG_8032

今回は勉強も兼ねてという建前で嫁に承諾を得た形の旅行ですので特別にあの大物が見たい!とか、あの小物が見たい!とかそういう事は置いておいて、2日間4DIVEでどれだけ【多良間島らしさ】を感じられるかをテーマに潜ってきました!

まず目に飛び込んできたのは写真右上の真っ赤なイソバナ!潮通しが良いポイントが多かったのですがそれに比例して大きなイソバナの群生はいたるところにありましたね~!これが真っ青な海に真っ赤なイソバナが映える事!それが多良間における第一印象でした!

魚影が濃い!

IMG_8083

そしてやっぱり魚影の濃さ!
一日目の2DIVE目はドリフトでお腹いっぱい魚にまみれてきました。普段潜っている伊良部島下地島とはまったく違う環境とダイビングスタイル。やっぱりガイドも遊ばなきゃダメだな!(と、声を大にして嫁に言いたい。)

そして2日目の今日は隣の水納島へ遠征!なんたって離島の離島のさらに離島!!!ガイドさんいわく3~4日に一回のペースの遠征なので超ラッキー!さらにテンションを上げて潜ってきました。

サンゴ群生のバランスの良さ

IMG_8178

コブシメでっけぇー!!
サンゴが多いというのも印象に残りましたね!そりゃ卵を産みに来るコブシメもたくさんいるワケだな~ソフトコーラルとハードコーラルがバランスよく群生し、-20mのダイビングでしたが途切れることなく下の砂地のキワまでパラオハマサンゴなど、わりと深場に生息するサンゴ群がどこまでも続いていました!

浅瀬のリーフのキワまでは今回のダイビングではいかなかったのですがやはりエダサンゴが大群生してるらしいです。ちなみにカメも数えきれないほどいましたね!さすが手つかずの海だな~!

という事でさんざん遊んできた多良間島、水納島の海!今回堪能できたのは【カラフルなイソバナのある景色】、【魚影】、【サンゴとそこに棲む生物】、この3つがもっとも印象的!そして今回残念ながら堪能できなかったのが【透明度】で、悪かった~と言っても25mは見えてますがね!でも多良間のポテンシャルはこんなもんじゃないはず!!

そして【砂地】、キレイな砂地はたくさんありましたが梅雨感漂う空模様だったので晴れれば凄いんだろ~な~という感じでした。まあコンディションの問題は運としか言いようがないレジャーなのでこの2点はまた次回のお楽しみにしておきたいと思います。そして今回の4DIVEで最も多良間島、水納島らしいと感じたワンシーン!

多良間島の海はイソバナが象徴的

IMG_8122

やっぱりイソバナ、サカナ、右下の砂地!今日の水納島では透明度も少し上がり、雲も薄く、今回のダイビングのなかではラストダイブが一番GOOD!!この一枚に今回のすべてを込めてシャッターを切りました。

でもね、きっとまだまだ【多良間島らしさ】ってあると思うんですよ。たかが4DIVEで多良間を語るなっ!!!と海の底から聞こえてきた気がしましたのでまた必ず遊びに行きたいと思いました。いえ、ぜったい行きます!!お目当てのウメイロモドキの大魚群にも逢えなかったしな~!また潜りたい!そう想わせてくれる懐の深い多良間島の海でした。

という事でエピソード ~多良間島・手付かずの海~ は終わりですが次回はエピソード ~多良間島・のんびり陸上、さらに噂のタイガーシャーク~これで行きます!お楽しみに~!明日はホームグラウンドで宮古島の海らしさをたっぷりご案内してきます!

ではまた明日~!

 


Recent Posts