宮古島マダラトビエイ

マダラトビエイきたー!!ひさしぶりー!!!

さあ、ブログ更新も久しぶりー!!!悪いクセが顔を出しはじめていましたが、ここらで一発かまします。何を書こうか。何が書けるのか。とりあえず時事ネタから入ろう。ここは吉本闇営業事件でいこうか。ダメだ。そういうのは苦手なので、ふれられない。

無難なネタにしておこう。そうだ、あれだ。キャッシュレスネタでいこう。

世間にキャッシュレスの波が来ていることは離島宮古島に住んでいてもさすがに存じております。

キャッシュレス店長のトッティです。ボクは徹底してカード払いを貫いていますが、ポイントをためている訳ではありません。レジから一秒でも早く離れたい、ただのせっかちさんだからという理由。

BIGHOLIDAYはカード払いに対応していますが、QR決済にはまだ対応していません。そろそろと思ってはいるのですが、なになに?PayPay?LINEペイ?楽天ペイ?ゆうちょペイ?え、ファミマペイまであるの???

導入したい気持ちは山ほどあるのですが、全部のペイ導入は手間がかかりすぎて現実的じゃないし、いったい何ペイが喜ばれるの??何ペイを使っている人が多いの???

いっそのことホリデイペイ作っちゃう!?

ということで一歩踏み出せる気がしません。だれか助けて。

ベストシーズンは10月11月

何をもってベストシーズンとするかは人それぞれで難しいところですが、宮古島らしいダイビングポイントに潜るならという前提なら10月11月が断然おすすめです。理由は以下の通り。

  • 人気ポイント目白押し
  • 透明度が高い
  • 水温もまだ高め
  • 秋晴れの日が多い
  • 日差しが冬より強い

なかでもどんなポイントに潜れるかが結構重要で、この時期はほぼ毎日下地島方面で潜ります。魔王の宮殿、アントニオガウディ、通り池など、圧倒的なBIGポイントがこれらの有名ポイント以外にもたくさんあります。

ですので宮古島でのベストシーズンは?という質問にはいつも10月11月とお答えしています。でも実は10月11月よりさらに凄い時期があって、それが今。最高です。

ベスト・オブ・ベストシーズンが”今”である理由

夏は凪の日が多い

今日は魔王の宮殿で潜った後に、17エンドでランチタイム。ベタ凪でどこでも行けるって幸せすぎる。海も真っ青で相変わらず最高です。

ベスト・オブ・ベストな理由はいろいろあるんですが、一言でいうならば『総合点がダントツで高い』といったところ。

  • 凪の日が一年でいちばん多い
  • 一年でいちばん日差しが強く、陽が高い

以上、最高の理由が揃っています。すなわち『一年でいちばん綺麗な地形に逢える』ということ。

梅雨前線が遠ざかった瞬間がチャンス!凪の日が一年で一番多い時期

宮古島天気図

先日7月9日の天気図です。梅雨前線は黒い太線に半丸と三角がたくさんくっついてるやつ。梅雨前線は奄美大島付近を横切っていて、この時点で宮古島は梅雨明けしています。

が、梅雨前線と宮古島のこの距離では、まだまだ梅雨前線の影響を色濃く受ける状況で、具体的にいうと梅雨前線に向かって猛烈な風が吹く!!

ので、宮古島近海は南寄りの風がかなり強く、潜るのは伊良部島方面のみ。人気ポイントの下地島方面は命の危機を感じるくらいの高波でとても近づけません。

結論としては例年6月20日前後に梅雨明けします。その直後は天気はすごく良いのですが、風が強いので下地島方面には行くことができません。したがってベストではない。梅雨明けだからと焦らないで。

昨日の天気図

これは今日7月24日の天気図。梅雨前線は北上し、もう消えています。まもなく全国的に梅雨明け宣言が発表されるはずです。このタイミングがポイント!

宮古島は『高』と書かれた○に覆われています。高は高気圧という意味で、高気圧は時計回りでゆったりとした風を外側に押し出します。その風に乗って雲も一緒に押し出されているので、高気圧に覆われるということは『風が弱くて雲が少ない』ということ。

つまり凪で晴れている最高のダイビング日和!下地島方面も楽勝で潜れます。

毎年、梅雨前線がかなり遠ざかると、沖縄地方はこの高気圧に覆われる日が多くなるので、この状態こそがベスト・オブ・ベストシーズン。

ただ、台風が来たり、天気図が崩れる日もあるので、毎日確実にとまではいきませんが、勝率は高い。

一年でいちばん光が強く、陽が高い

宮古島カメ

一年でいちばん太陽が高いところを通る夏至が6月21日なので、今も引き続き最高の角度で光が入ってきます。イメージとしては以下の通り。

地形ポイントではこの違いが顕著で、陽が高ければ高いほど穴や亀裂から光が入りやすくなるので、宮古島中の地形ポイントが騒ぎ出します。

また、光の強さも夏がいちばん強いので、他の時期では見ることのできないインパクトで光を降り注がせてくれます。結局、夏が最強で、他の時期にどれだけ晴れても夏には敵わない。地形は夏だ。

一年でいちばん綺麗な景色が見れる

  • 凪の日が一年でいちばん多い
  • 一年でいちばん日差しが強く、陽が高い

上記の理由以外でさらに究極のコンディションとして必要なのは”透明度”ですが、今日の魔王の宮殿だって透明度30mはありましたから、こればかりは良い潮が入ってくれるのを願うだけ。

逆に透明度が極端に悪くなることはそうそう無いので、心配無用です。

この時期の宮古島ダイビング旅行で、あなたが幸運にもベタ凪で太陽カンカンな日に当たったとしたら。朝のスケジュール発表で『今日は下地島方面です』というアナウンスがあったとしたら。

宮古島ダイビング魔王の宮殿

きっとあなたの”想像以上”に巡り合えるはず。

 

さあ、明日も最高だ。ではまた明日。

Recommended Posts